今日もあなたに太陽を~精神科ナースのダイアリー

4

2023年(Netflix)12話
演出:イ・ジェギュ
脚本:イ・ナムギュ
原作:漫画家イ・ハラによるウェブトゥーン
原題:정신병동에도 아침이 와요
原題和訳:精神病棟にも朝が来る
Netflix独占配信

主な登場人物・キャスト

俳優名 役名 役柄
パク・ボヨン チョン・ダウン 精神科看護師
ヨン・ウジン トン・ゴユン 大腸肛門外科医
チャン・ドンユン ソン・ユチャン ダウンの親友
イ・ジョンウン ソン・ヒョシン 精神科看護師長
チャン・ユル ファン・ヨファン 精神科医
コン・ソンハ チャ・ミンソ 精神科医
イ・イダム ミン・ドゥルレ 精神科看護師
パク・ジヨン ホン・ジョンラン 精神科看護師
イ・サンヒ パク・スヨン 精神科主任看護師
ノ・ジェウォン キム・スワン 精神科病棟の患者

中盤までのあらすじ

内科から精神科に移動してきた看護師チョン・ダウン(パク・ボヨン)の日常と精神科病棟に入院する様々な精神疾患の患者の様子が描かれるところから始まる。

指を鳴らしていないと落ち着かない、指が太いと嫌われる、と訴えて精神科外来で強迫性障害と診断される奇妙な患者トン・ゴユン(ヨン・ウジン)は、実は同じ病院の肛門外科医だった。

ゴユンは、患者ひとりひとりに親しみ深く寄り添う看護師ダウンの姿を見て、ダウンのことを好きになっていく。

ダウンの幼馴染で親友のソン・ユチャン(チャン・ドンユン)は、パニック障害に苦しんで会社を退職して家業の手伝いをしていたが、病気のことをダウンにも打ち明けていなかった。

ユチャンとダウンは何でも言い合える仲の良い友達関係だったが、実はユチャンはダウンのことが昔からずっと好きなのに、告白するタイミングをいつも逃してばかりでこれまできたのだった。

そんな中、ダウンが担当する患者の大きな出来事が起こり、ダウンはそれをきっかけに、心を病んでいってしまう…。

予告編

『今日もあなたに太陽を ~精神科ナースのダイアリー~』ティーザー予告編 – Netflix
『今日もあなたに太陽を ~精神科ナースのダイアリー~』予告編 – Netflix

感想

精神疾患への偏見も描かれ、考えさせられる、メッセージ性のある良い作品でした。パニック障害、統合失調症、うつ病など、様々な精神疾患の患者の症状がわかりやすく描かれていて、勉強にもなるドラマでした。

精神科病棟の看護師たちも、それぞれ苦悩を抱えながら、仕事をする様子も描かれています。精神疾患は身近な病気で、元気に仕事をしていてもストレスが溜まっていって、いつ発症するかわかりません。

後半、主人公が病んでいく様子には、毎話毎話涙しながら見ていました。他人事とは思えなく、主人公の心の奥底で起こっていることに共感して感情移入してしまいました。

そして、病気を乗り越えていく姿、世間の偏見を乗り越えていく姿にも感銘を受けました。主人公を演じるパク・ボヨンはこれまでラブコメ色が強くて明るい役が多かったと思いますが、今回の役柄、真に迫っていて好演でした。

ロマンス要素がほど良い感じでした。三角関係もまったくジメジメしてなくて良かったです。ヨン・ウジンとチャン・ドンユン、どちらも好きな俳優で、役柄もどちらも好感が持てました。

心に染みる台詞が多かったのですが、今ちょっと思い出せなくて残念(^^; これは私にとってはもう一度見直さなきゃいけないドラマだと思っています。

ほほえみ度
ウルウル度 ★★
トキメキ度
ハラハラ度
感動度 ★★★

皆さんの評価

4.44/5 (27)

あなたの評価を5段階でお願いします