サンドゥ、学校へ行こう!

5

2003年(KBS)16話
脚本 イ・ギョンヒ
演出 イ・ヒョンミン

主な登場人物・キャスト

チョン・ジフン(ピ) チャ・サンドゥ ツバメで未婚の父
コン・ヒョジン チェ・ウナン 高校教師、サンドゥの初恋の人
イ・ドンゴン カン・ミンソク 医者、ウナンの恋人
ホン・スヒョン ハン・セラ ポリの母
チョン・ヘビン ユン・ヒソ ウナンのクラスの生徒

序盤のあらすじ

コミカルなのに泣ける、ハートフルラブコメディ。
韓国では「サンドゥ中毒」なる新造語が登場したという名作ドラマ。

サンドゥ(ピ)は、お金持ちの女を誘惑してお金を巻き上げるツバメを仕事にしながら、母親に捨てられた病気の7歳になる娘ポリを育てる未婚の父。

そんなサンドゥは、ある日高校生の時の初恋のウナン(コン・ヒョジン)を街で見かける。サンドゥとウナンは高校時代にある事情から離れ離れになり、10年が経っていた。

サンドゥはウナンが教師を勤める高校を訪れ、学校の守衛になる。ウナンと毎日会えることを喜ぶサンドゥだったが、彼女には婚約者がいて、その婚約者はなんと、ポリの担当医師ミンソク(イ・ドンゴン)だった。

サンドゥとウナンはお互いに高校の時に連絡が途絶えてしまった事情を知らず、お互いへの思いを胸に秘めていた…。

Sang Doo, Let's Go To School MV 2

感想

これほど感動したドラマはありません。
何か1つおすすめのドラマをと問われれば、これをおすすめしたいです。
最初はコミカルな雰囲気で始まりますが、
最終話まで見終わると、最初のイメージとは全く違った深みのある作品です。

心に秘めた思い、真の優しさ、愛のための犠牲を苦にしない前向きさ・・・
そんなサンドゥという男の生き様に泣けて泣けて・・・
見終わってから何年たっても、暖かくずーっと心に残っている作品です。
一生のうち何度も見て噛みしめたいドラマ。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度

皆さんの評価

4.86/5 (21)

あなたの評価を5段階でお願いします