涙の女王

4.5

2024年(tvN)16話
演出:チャン・ヨンウ/キム・ヒウォン
脚本:パク・ジウン
制作:スタジオドラゴン
原題:눈물의 여왕(ヌンムレ ヨワン)
Netflix独占配信

主な登場人物・キャスト

俳優名 役名 役柄
キム・スヒョン ペク・ヒョヌ クイーンズグループ法務取締役
キム・ジウォン ホン・ヘイン ヒョヌの妻
クイーンズグループ会長の孫娘
クイーンズ百貨店社長
パク・ソンフン ユン・ウンソン ヘインの大学同期、投資家
クァク・ドンヨン ホン・スチョル ヘインの弟
クイーンズマート代表
イ・ジュビン チョン・ダヘ スチョルの妻
キム・ジョンナン ホン・ボムジャ ジウォンの叔母、バツ3
キム・ヨンミン ヨンソン ヒョヌの実家の田舎町の住人
ユン・ボミ ナ秘書 ヘインの秘書
ムン・テユ キム・ヤンギ ヒョヌの友人、離婚弁護士

序盤のあらすじ

ペク・ヒョヌ(キム・スヒョン)は、ソウル大学法学部出身の弁護士。幼い頃から頭脳明晰、スポーツ万能。田舎町育ちの素朴な性格。

ホン・ヘイン(キム・ジウォン)は、クイーンズグループ会長の孫娘で、クイーンズデパートの社長。財閥育ちらしく高慢な性格。

ヒョヌは、ヘインが財閥家の娘とは知らずに交際し、結婚に至る。結婚後、ヒョヌはクイーンズグループ法務取締役兼クイーンズデパートの法務チーム長となる。

愛を信じて結婚したヒョヌだったが、職場では上司である妻に命令され、家庭では婿いびりされ、3年後、二人は冷え切った関係になり、ヒョヌは離婚を切実に願うようになる。

しかし、ヒョヌがヘインに離婚書類を渡そうとした瞬間、ヘインから「余命3ヶ月」と医者に告げられたことを聞く。

初めのうちは財産のことで心揺れるヒョヌだったが、徐々に、結婚前の愛し合っていた頃のヘインへの想いが蘇る。

二人の愛のストーリーが再び始まる。

予告編

涙の女王 | オフィシャル予告編 | Netflix

感想

「愛の不時着」のパク・ジウン作家と「ヴィンチェンツォ」のチャン・ヨンウ監督がタッグを組んだ作品。

数日前に最終話の配信を終えたところですが、「愛の不時着」の視聴率を超えたと話題を呼んでいます。

パク・ジウン脚本の「愛の不時着」や「星から来たあなた」が好きな人はハマるだろうな~という共通するものを感じます。

女性がちょっと高飛車なんだけど可愛げがあり憎めないところ、男性がちょっと無骨なところがあるんだけど、逞しくて頼りがいがある、というのも共通点ですが、やはり、笑えて泣けるロマンスものが皆さん好きですよね~

そういう私も、もちろん楽しく観ました。でも、それほど際立って素晴らしいとまでは、私としては無かったかな~…心の深いところに響くようなものが無かったかな…普通に面白かった良い作品という感じです😊

出演者が豪華でしたね。主役の過去の共演者が違った形で共演していたり、「ヴィンチェンツォ」のソン・ジュンギがカメオ出演していたり、ちょこちょこと、制作側のユーモアのエッセンスが感じられました。

ほほえみ度
ウルウル度 ★★
トキメキ度 ★★
ハラハラ度 ★★
感動度 ★★

皆さんの評価

4.35/5 (26)

あなたの評価を5段階でお願いします

コメント

  1. 韓ドラ部 より:

    コメントありがうございます。キムスヒョンの演技はとても良かったですね!

  2. kiko86 より:

    キムスヒョン君、ほんとに良かった。
    でも脚本的には「愛の不時着」「星から来たあなた」は抜けなかった。
    ちょっといろんなところに穴が大きすぎ。積み残しも多かった。