カイロス

2020年(MBC)16話
脚本:イ・スヒョン
演出:パク・スンウ
原題:카이로스(カイロス)

主な登場人物・キャスト

俳優名 役名 役柄
シン・ソンロク キム・ソジン ユジュン建設理事
イ・セヨン ハン・エリ アルバイトをする女性
アン・ボヒョン ソ・ドギュン ソジンを支える課長
ナム・ギュリ カン・ヒョンチェ ソジンの妻、バイオリニスト
カン・スンユン イム・ゴヌク エリの友人
イ・ジュミョン パク・スジョン エリの友人
チョ・ドンイン イ・テッキュ ソジンの秘書

序盤のあらすじ

ユジュン建設の最年少理事であるソジン(シン・ソンロク)はバイオリニストの美しい妻ヒョンチェ(ナム・ギュリ)と幼い娘ダビンと共に順風満帆な生活を送っていたが、チャリティ音楽会の日、妻がバイオリンを演奏中に娘が行方不明になる。

ソジンは娘を必死に探すが、何者かが娘の体の一部をソジンに送ってくる。やがて警察がダビンは誘拐されて殺害されたと判断すると、妻のヒョンチェはショックで漢江に身を投げてしまう……。

一方、心臓病の母を抱え、アルバイトを掛け持ちして必死に働くエリ(イ・セヨン)は、ある日、携帯を失くし、自分の携帯に電話をかけてみると、電話に出たのは誘拐犯からの電話を待つソジンだった。

最初は話がかみ合わない二人だったが、やがてソジンは1か月先、エリは1か月前の時を生きていることがわかる。その頃エリの母が行方不明となり、母を探したいエリと娘を救いたいソジンは、携帯電話を通じて協力することになる。

2人の電話が繋がるのは午後10時33分からの1分間だけ。エリは1か月先のソジンから未来を教えてもらい、ソジンは1か月前のエリに過去を変えてもらい、それぞれの窮地を切り抜けていく。

予告編

【KNTV】<ゲキドラ!>カイロス~運命を変える1分~

感想

タイムスリップものではありますが、時空を超えて行き来するタイムトラベルとは違って、携帯電話を通じて二人の時間が交差するという設定。1か月前の過去が変わることで1か月先の現在の状況がどんどん変化していきます。

衝撃の事実に驚きの展開、変化していく波乱のストーリー。終盤で10時33分という時刻に秘められた感動の真実が判明します。

MBC演技大賞で三冠を受賞するなど、韓国では評価されたドラマ。ロマンス要素がないせいか?個人的にはあまり星がつけられませんでした。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度 ★★
感動度

皆さんの評価

評価はまだありません

あなたの評価を5段階でお願いします