マイネーム:偽りと復讐

4

2021年(Netflix)8話
演出:キム・ジンミン
脚本:キム・バダ
原題:마이 네임(マイネイム)
Netflixオリジナル

主な登場人物・キャスト

俳優名 役名 役柄
ハン・ソヒ ユン・ジウ 警察に侵入する麻薬組織の組員
アン・ボヒョン チョン・ピルド 麻薬捜査隊刑事
パク・ヒスン チェ・ムジン 麻薬組織のボス
キム・サンホ チャ・ギホ 麻薬捜査隊チーム長
イ・ハクジュ チョン・テジュ 麻薬組織の構成員
チャン・リュル ト・ガンジェ 麻薬組織の構成員
ユン・ギョンホ ユン・ドンフン ジウの父

中盤までのあらすじ

高校生のジウ(ハン・ソヒ)は父が暴力団員のため刑事につきまとわれ、学校では嫌がらせを受け、喧嘩して退学してしまう。警察に追われて家は張り込みされていて、しばらく家に帰ってこなかった父だったが、ジウの誕生日に娘を不憫に思い家に帰ってきたところ、家のドアの前で何者かに殺されてしまう。

ジウは、自分のせいで父が殺されてしまったと悔やみ、復讐しようと決意し、父が所属していた組織のボスの力を借りようと組織に乗り込む。組織の訓練所で男性ばかりの中、女性一人、死に物狂いの訓練を受け、力をつけていき、訓練所のトップにまでなる。

数年後、ジウは組織のアンダーカバーとして警察官になり、父を殺した犯人を探すため、警察に潜入する。強力班から麻薬捜査隊に移動したジウは、パートナーのピルド(アン・ボヒョン)と共に捜査を行ううちに、非情な真実と立ち向かうことになる。

予告編

『マイネーム: 偽りと復讐』予告編 – Netflix

感想

面白くて一気に見てしいまいました。細部までじっくり味わうためにもう一度見直してみたいと思うほど面白かったです。

とにかく主演のハン・ソヒが素晴らしかったです。ハン・ソヒと言えば「夫婦の世界」で愛人役、「わかっていても」で危険な男に溺れる役と、チャーミングてセクシーなイメージがありましたが、今作では180度違う、復讐に命をかける心身たくましい女性の役。アクションシーンが素晴らしかったです!身体を鍛え上げて作品に臨んでいるのがわかります。この役を演じるために筋肉量を10キロ増やしたとか? 今後、幅広い役どころで活躍するのを期待したい女優さんです。

アン・ボヒョンも、「梨泰院クラス」「カイロス」で悪役イメージが強かったですが、今作は性格の良い役どころで、イメージアップ!これから人気上昇しそうな予感。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度 ★★★★
感動度 ★★

皆さんの評価

4.43/5 (14)

あなたの評価を5段階でお願いします