キング・ザ・ランド

3.5

2023年(JTBC)16話
演出:イム・ヒョヌク
脚本:チェ・ロム
原題:킹더랜드(キンドレンドゥ)
Netflix独占配信

主な登場人物・キャスト

俳優名 役名 役柄
イ・ジュノ ク・ウォン キングホテル本部長
ユナ チョン・サラン キングホテル社員
コ・ウォニ オ・ピョンファ サランの友人、
キングエア乗務員
キム・ガウン カン・ダウル サランの友人、
キング免税店社員
アン・セハ ノ・サンシク ウォンの秘書
キム・ジェウォン イ・ロウン キングエア乗務員

序盤のあらすじ

高級ホテルであるキングホテルの難関の選考を突破して、憧れのホテリエとなったチョン・サラン(ユナ)は、美しい笑顔と優れた能力を持つ広報モデルとしてナンバーワン社員となる。

キンググループの会長の息子であるク・ウォン(ジュノ)は、知性と気品を持ちながら、幼い頃に母親が自分の元を去って行ったことにより心に深い傷を持っており、作り笑いを嫌う、気難しく冷たい印象の人物だ。

ウォンは、母親の記憶を辿ろうと帰国し、キングホテルの本部長に就任する。最悪な状況で再開したサランとウォンは、最初のうちはいがみ合っているが、徐々に好意を持ち合うようになる。

予告編

『キング・ザ・ランド』 オフィシャル予告編 – Netflix
『キング・ザ・ランド』 オフィシャルクリップ映像 – Netflix

感想

ひと昔前の韓国ドラマによくあった「玉の輿ラブコメ」御曹司とは知らず最悪な出会いから始まり、ロマンス展開がコミカルに描かれるというもの。

内容は薄いんですが、ジュノ💗ユナですから、この二人を見てるだけで飽きずに気持ちよく見れました。

ジュノと言えば、これまで難しい役柄をこなしてきて、演技力の高さを評価されてきましたが、今回の役どころは心に傷を持つツンデレ御曹司。難しい役ではないかもしれませんが、ジュノの魅力を堪能させてくれました。

サラン(ユナ)の友達二人と秘書のドタバタも演技達者な俳優3人なので楽しく見れました。

たまにはこんなサラッとしたドラマもあっていいと思いました。(ポジティブ😊)

ほほえみ度 ★★
ウルウル度
トキメキ度 ★★
ハラハラ度
感動度 ★★

皆さんの評価

4.08/5 (13)

あなたの評価を5段階でお願いします