私のおじさん(マイ・ディア・ミスター)

4

2018年(tvN)16話
監督:キム・ウォンソク
脚本:パク・ヘヨン
原題:나의 아저씨(ナエ アジョシ=私のおじさん)
別タイトル:マイ・ディア・ミスター

主な登場人物・キャスト

イ・ソンギュン パク・ドンフン 建設会社修繕チーム部長
IU イ・ジアン 建設会社の契約社員
パク・ホサン パク・サンフン ドンフンの兄
ソン・セビョク パク・ギフン ドンフンの弟、元映画監督
イ・ジア カン・ユンヒ ドンフンの妻、弁護士
オ・ナラ ジョンヒ ドンフンの友人、居酒屋の主人
パク・ヘジュン ギョムドク ドンフンの友人、僧侶
クォン・ナラ チェ・ユラ 女優
チャン・ギヨン イ・グァンイル 借金取り

全体のあらすじ

建設会社の構造技術者で修繕チームの部長パク・ドンフン(イ・ソンギュン)は、どんな時でも無謀な挑戦をしない安全第一主義。兄のサンフンは会社をリストラされ、起業するが失敗。妻からは離婚を迫られている。弟のギフンは売れない映画監督。そんな3兄弟の中、ドンフンだけが安定した職と暮らしをしていて、母からも兄弟からも大事に思われる存在だ。傍から見ると幸せそうなドンフンだが、現実は、大学時代の後輩が上司となり、上司に貶められようとしていた。

ドンフンの勤める建設会社で契約社員として働くイ・ジアン(IU)は、借金取りに追われ、聴覚障害で寝たきりの祖母の世話をしながら、会社では誰とも会話をせず孤独に働き、夜も飲食店のバイトに明け暮れる日々を送っていた。

祖母の介護費に困っていたジアンは、代表理事の指示で、ドンフンを貶めるためスパイをすることになり、ドンフンの携帯に盗聴器を仕込み、盗聴によりドンフンの会話、行動の全てを知ることになる。そして、暖かいドンフンの人柄に惹かれていく。

感想

人生の重さに耐えながら生きる中年男性と、厳しい現実を耐え抜いて生きる少女が出会い、お互いの人生を癒していくヒューマンストーリー。
素敵な作品でした。面白かったです。
IUは難しい役どころを好演していたと思います。
3兄弟を囲んで居酒屋に毎晩集まる町の仲間達の団結ぶりが面白く、心温まります。
サイドストーリーの入り方も匙加減が良くて、無駄な部分が無く、全体を通して楽しく見れました。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度

皆さんの評価

4.89/5 (61)

あなたの評価を5段階でお願いします