三銃士

4

2014年(tvN)12話
脚本:ソン・ジェジョン
演出:キム・ビョンス
原題:삼총사(サムチョンサ)

主な登場人物・キャスト

チョン・ヨンファ パク・ダルヒャン 地方出身の武術に優れる青年
イ・ジヌク ソヒョン世子 仁祖の長男
ヤン・ドングン ホ・スンポ 世子の護衛武官
チョン・ヘイン アン・ミンソ 世子の護衛武官
ソ・ヒョンジン カン・ユンソ 世子嬪
ユ・イニョン ミリョン 世子の初恋の相手

全体のあらすじ

フランスの作家アレクサンドル・デュマの小説『三銃士』をモチーフに、朝鮮王朝史の世子の中で最も悲劇的な運命を生きたといわれる昭顕(ソヒョン)世子と彼を守る武官たちの活躍を描くアクション時代劇。

地方の青年ダルヒャン(ジョン・ヨンファ)は、5年前に、旅の途中で村に立ち寄ったユンソという少女と恋愛をし、武官になったら結婚しようと約束する。一途にユンソと想い、武官になるため何年ものあいだ武芸の腕を磨いたダルヒャンは、5年後、武官の試験を受けるため上京する。

試験の前夜、何者かが優秀な受験者を襲撃する事件が起きる。犯人を追うダルヒャンは「三銃士」を名乗る謎の3人組と出会う。無事に犯人たちを取り押さえることができたが、その時にダルヒャンの持っていた、5年前にユンソがダルヒャンに送った恋文が三銃士の手に渡ってしまう。世子はダルヒャンに、手紙を返して欲しければ科挙に主席合格するようにと命じる。

三銃士の正体は、王の長男・ソヒョン世子(イ・ジヌク)と、その護衛武官であるホ・スンポ(ヤン・ドングン)とアン・ミンソ(チョン・ヘイン)だった。そして、ダルヒャンが想い続けてきた女性ユンソ(ソ・ヒョンジン)は、なんと世子と結婚し、世子嬪になっていたのだった。

一方、世子は、世子嬪と結婚する前に、恋愛し結婚を決めた女性がいたが、結婚直前に女性が自害してしまうという過去の心の傷を引きずっていた。そのせいか、世子嬪に過去の男性ダルヒャンが現れても、世子嬪に対して寛容な態度を見せる。世子嬪は、そんな世子に対して、自分を愛してないからだと思いをぶつける。

予告編

【公式】「三銃士」予告編

感想

2014年放送のドラマなのに何故か見れてなかったこのドラマ、かなり遅ればせながら見終わりました。
面白かったです!!(なんで今まで見れてなかったんだ~💦💦)
序盤から引き込まれるストーリー!「ナイン~9回の時間旅行~」「イニョン王妃の男」を手がけた脚本と演出のタッグ作品ですから、面白くないはずはありません!
登場人物たちが個性豊かで、笑いあり、涙あり、トキメキあり、ハラハラあり、感動あり!
(三銃士の一人チョン・ヘインは演技が物足りなかったような…もうちょっと個性を持たせてほしかったかな…)

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度

皆さんの評価

3.83/5 (12)

あなたの評価を5段階でお願いします