愛の贈りもの

2012年(SBS)20話
演出:イ・ドンフン
脚本:パク・ケオク

ainookurimono

主な登場人物・キャスト

キム・ヒョンジュ キム・ヨンジュ ファッション雑誌編集長
ハ・ヒラ キム・ソニョン 知的障害を持つ、ヨンジュの姉(母)
キム・ジョンフン イ・ジェハ ヨンジュの友人で神経外科医
シン・ヒョンジュン チェ・ゴマン 数学の天才で船舶王の息子
ユ・イニョン オ・チェリン ヨンジュの夫の不倫相手

全体のあらすじ

ファッション雑誌の編集長であるキム・ヨンジュ(キム・ヒョンジュ)は、IQの優れた娘タッピョルと法学部教授の夫がいる。夫には不倫中の女性がいて、ヨンジュと離婚しようとしている。

そこに、田舎から、知的障害を持つヨンジュの姉キム・ソニョン(ハ・ヒラ)が上京してくる。ソニョンは家を間違えて、天才実業家チェ・ゴマン(シン・ヒョンジュン)の家に入って食事の支度をしたところ、ゴマンは彼女の作る料理の味の虜になってしまう。

ソニョンはヨンジュ、タッピョルと同居を始め、ゴマンの家にお手伝いさんとして仕事するようになる。そして、今までずっと隠してきた秘密、ソニョンはヨンジュの姉ではなく母親だという事実を娘タッピョルに知られることになる。

タッピョルは、事実を偽って生きてきた母に対して憤りをぶつけるが、ヨンジュとソニョンが姉妹として生きることになるには壮絶な過去のいきさつがあったのだった…。

ヨンジュは、心臓を患いながら夫のこと、母のこと、娘のことで悩み苦しむ。そんなヨンジュをいつも支えるのは、ヨンジュの大学時代の友人であり神経外科医のイ・ジェハ(キム・ジョンフン)だった。

感想

母娘愛を軸とした心温まる作品です。前半はコメディチックで、後半は泣ける展開になっていきます。

私はこのドラマで一番印象に残ったのは、シン・ヒョンジュンが演じる、母娘を支えるゴマンです。天才でありながら吃音障害のある男性なんですが、この人物のキャラが面白くて素敵で最高なのです(笑)そして、その秘書の男性(名前わかりませんが)この二人のやり取りにいっぱい笑わせていただきました。

シン・ヒョンジュンって影がある役もよくされますが、コメディチックな演技もとてもお上手ですね。
お母さん役のハ・ヒラさんの演技も可愛くて素晴らしかったです。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度
評価はまだありません

このドラマのあなたの評価をお願いします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

2020/03/28更新

韓国放送年「2000年~2012年のドラマ」と「2013年~2020年のドラマ」100作品ずつページを分けておすすめ韓国ドラマを…

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ