コーヒーハウス

3.5

2010年(SMS)18話
演出:ピョ・ミンス
脚本:ソン・ジェジョン

主な登場人物・キャスト

カン・ジファン イ・ジンス ベストセラー作家生
ハム・ウンジョン カン・スンヨン コーヒーショップの娘、ジンスの秘書
パク・シヨン ソ・ウニョン 出版社代表
チョン・ウンイン ハン・ジウォン コンサルティング会社役員
パク・チェジョン キム・ドンウク カフェのマネージャー

全体のあらすじ

父が営むコーヒー店の手伝いをしているスンヨン(ハム・ウンジョン)が一人で店番をしているところに人気作家のイ・ジンス(カン・ジファン)がやって来る。その後スンヨンはジンスの秘書として働くことになる。ジンスは偏屈でスンヨンは振り回される。

ジンスは友人ウニョン(パク・シヨン)の出版社と専属契約していた。ウニョンは婚約破棄したジェウォン(チョン・ウンイン)に追い回されていた。ジンスと亡くなった元妻、ウニョン、ジェウォンの4人は大学時代からの友人だった。ジンスとウニョンの間には、ジンスの妻が離婚後自殺したという重い出来事があり、親友として今までやってきたが・・・。

感想

1話を見た段階ではストーリーにちょっとがっかり感あったのですが、見進めるほどにだんだんと面白くなっていって、後半はハマってラストでピーク!笑えて泣けてせつなくて・・・私の好きなタイプのドラマでした。1話で判断してはいけないですね。

秘書役のハム・ウンジョンさんは初めて見ましたが、最初はん~?と思ったけどだんだん彼女の素朴な魅力にもハマりました。パク・シヨンさんは今回は素敵な役どころで、きれいでスタイルがよくて羨望の対象ですね。カン・ジファンさんは、今回も期待を裏切ることなくというよりも期待以上に魅力的な演技を見せてくれました。やっぱり素敵な俳優さんです!

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度
評価はまだありません

このドラマのあなたの評価をお願いします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

2020/03/28更新

韓国放送年「2000年~2012年のドラマ」と「2013年~2020年のドラマ」100作品ずつページを分けておすすめ韓国ドラマを…

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ